HOME > 自転車旅行 > 鎌倉三十三観音霊場めぐり > 鎌倉三十三観音霊場めぐり〜杉本寺



鎌倉三十三観音霊場めぐり〜杉本寺


より大きな地図で 鎌倉三十三観音霊場めぐり〜杉本寺 を表示
大船〜鎌倉へ
2009年4月24日(金)すでに午後13時を回っている。
お寺の閉館時間は16時から17時ぐらいなので、出発時間としては遅すぎる時間だ。
しかも、お昼ご飯を食べてから行こうとしているので、なお悪い。

最寄の大船駅から自転車にまたがり出発。
天気は曇り。

自転車

大船近辺に越してきてから早1年、こんなにも近いのに自転車で鎌倉に行くのは実は初めてだ。大船は子供のころにも3年弱ぐらい住んでおり、そのあと藤沢に越すも、小学校の遠足は鎌倉だし、大学生のころはよく学校をさぽって一人藤沢から江ノ電で通ったものだ。

特に北鎌倉が好きで、大学生のころ、建長寺や円覚寺など、そのほか近辺のお寺をぷらぷらめぐり、鶴岡八幡宮を通り、鎌倉駅から電車に乗って帰るということをよくやっていた。

大船に住んでいた子供時代は、明月院の上にフランス人の友達が住んでいて、その子の家に放課後遊びにいったものだ。その子の家に行く途中にあった、タニシがいっぱいいる小さな滝やその子の家にたくさんいた猫、大きな庭でパンツ一丁で水遊びをしたことは、とてもいい思い出として記憶に残っている。

そんなこともあり北鎌倉は、私の思い出の中ではいい印象ばかり残っている。

大船から北鎌倉まではほぼ平坦な道が続く。
道は狭く、車も意外と多いので、自転車で快適に走るというわけには行かないが、できるだけ端を走るようにしていれば、車がうまく追い越して行ってくれるので、危ないことはまったくない。

緑深い北鎌倉の駅を越えていくと、建長寺の門が見える。
さらにまっすぐ進むと、たいした距離ではないが、上り坂が始まる。
ギアをインナーにして、ゆっくり登る。
こういうときは自分の体重の重さが恨めしく思う。

ちょっと登ってすぐにちょっと長めの下り坂に変わり、ギアをアウターに戻す。
帰りはいまラクチンに下っている道を登ってくるのだと思うと、ちょっと不安になるが、きてしまったのだから致し方ない。

鶴岡八幡宮の前の交差点を越え、さらに道なりにまっすぐ進む。
そろそろお昼を食べる店を見つけなければ。

車道の端をゆっくりと店を探しながら進む。
道の反対側によさそうな店があり、自転車を降りて、歩道の信号を渡り覗くものの、値段がやや高めだし、自転車を置く場所が見つからないので、あきらめる。

さらに進むと、ちょうどいい具合に裏手に駐車場があるパン屋さんを発見。
店もきれいそうなので、駐車場の端にある金網に自転車を結わいつけて、お店に向かう。
Befgfeld(ベルグフェルド)
店は、「Befgfeld(ベルグフェルド)」といって、ドイツパンと洋菓子の店だ。
右手がパン屋で左手がカフェになっている。

私は、一番奥の窓際の席に座り、ベルグサンドのランチセットを注文、お店の人に断って写真を撮った。

ベルグフェルド店内に飾られた花 ベルグフェルド店内 ベルグフェルド店内

ベルグサンドのランチセットは、ケーキとドリンクが付いて1,050円。
パンは、ドイツパンらしく穀物の味がしっかりしていて、かめばかむほど味が出る感じ。

ベルグサンドランチセット ベルグサンドランチセットのケーキ

あとで、ネットで調べてわかったのだが、結構地元では評判のパン屋らしい。 コーヒーも1杯1杯をドリップでいれてくれるので、本当においしかったです。
杉本寺
おなかも心も満足になって、再び自転車で杉本寺を目指す。
めざすといっても、本当にすぐ近く。
店の前の204号線をまっすぐ行くと左手に杉本寺がある。

入り口の看板に自転車を結わいつける。
杉本寺の入り口は、ツツジが咲いていて、緑が映えていた。

杉本寺入り口 杉本寺入り口のツツジ 杉本寺入り口のツツジ

石の階段を登るとすぐのところに料金所があるので、そこで拝観料を払う。
拝観料は、200円。

杉本寺の境内マップ

さらに階段を登ると、仁王門がある。
今日は修繕中ということで、一部青いシートがかけられていて、修繕作業をしていた。
門には、たくさんの千社札が張られていた。千社札とは、神社や仏閣に参拝をした記念として貼る、自分の名前入りの札のことで、最近ではマナーに欠けた参拝者が多いということで、千社札を貼ることを禁止しているところも多いらしい。
杉本寺の門

さらに進むと、趣のある苔むした石の階段が現れる。
見上げると、杉本寺の本堂が見える。

P4243808.JPG P4243804.JPG

急に気持ちが引き締まる。
長い長い年月が苔の1つ1つに刻まれているのだと、不思議な気持ちになる。

しばらく石階段の苔を眺めながら、シンとした空気を感じていた。

苔の階段を回り込むように別の階段を登ると、本堂にでる。

P4243811.JPG

賽銭箱に小銭を投げ入れ、手を合わす。

「おじゃまいたします。」と心で唱える。

さらにろうそくとお線香を買ったが、どこに供えていいのかわからず、お寺の人に聞く。

本堂の中にあがれるということで、靴を抜いて、1つ1つの仏像に手を合わさせてもらいました。

杉本寺本堂内マップ
※仏像の配置の記憶があいまいなので、間違っているかもしれません。

ご本尊は、「お前立ち」の脇にある階段を上がって奥にあり、ガラスの格子戸がしまっており、うっすらと影だけを見ることができる。十一面観音像三体で、最も古い木造十一面観音立像は行基作、残りのニ体は一方が慈覚大師円仁作と伝えられ、もう一体は恵心僧都源信作と伝えられているそう。

杉本寺は小さいお寺ではあるが、とても静かで趣があるお寺でした。
本堂をでてベンチに座り、ほっと本堂を眺めながら、一息つくと、幸せな気分になる。


▼杉本寺の仏像については、こちらが楽しくてくわしかったので、どうぞ。
http://www.higan.net/blog/alamode/2007/12/post_1.html

帰りに寄り道
帰り道は、わざと行きとは道を変えて、杉本寺から道を挟んで反対側の路地へ。
緑豊かな鎌倉は、ちょっと路地に入っていくだけでも、楽しい。
道に迷ったら、携帯のGPSで現在地を確認すればいい。

P4243835.JPG P4243841.JPG P4243853.JPG
御朱印帳と杉本寺御朱印
御朱印帳 杉本寺御朱印
杉本寺
  • 名前: 杉本寺(すぎもとでら)
  • 住所: 鎌倉市二階堂903
  • 拝観料: 200円。小学生100円。高齢者・障害者140円。
  • 時間: 8:00-16:30
  • 電話: 0467-22-3463
▼その他、詳細はこちら
http://www.treep.jp/kamakura/cate_temples/sugimotodera.html

◆トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.cyclingload.com/mt/mt-tb.cgi/145

自転車旅行@cyclingload.com - 鎌倉三十三観音霊場めぐり (2009年6月 2日 12:51)

より大きな地図で 鎌倉三十三観音霊場 を表示 杉本寺 鎌倉三十三観音霊場めぐりの... 続きを読む

HOME > 自転車旅行 > 鎌倉三十三観音霊場めぐり > 鎌倉三十三観音霊場めぐり〜杉本寺

自転車旅行