HOME > 自転車レース > 選手のタイプで活躍するコースが変わる?  



選手のタイプで活躍するコースが変わる?

選手の特徴
各レースのコースは多彩だ。 特にステージレースは、「タイムトライアル」といった走破時間を競う日もあれば、平坦がつづく長いコース、山岳コースと言われるアップダウンの激しい山々を走破するコースもある。 そのため、各選手は強みに応じた役割を演ずることになる。

スプリンター

主にタイムトライアルや平坦なコースを得意とし、最後のゴール数百メートル手前からスパートをかけて優勝争いを行うスピード型の選手。瞬間的に70〜80km/hに達し、コース中間のスプリントポイント設置地点やゴール手前での高速スプリント勝負では絶対的な強さを発揮する。

クライマー

主に山岳コースを得意とし、登坂能力は桁外れに高く、山岳コースでは圧倒的な強さを発揮する。ワンデイレースやチャンピオンシップでは、山岳コースが少ないため、グランツールなどで活躍するタイプの選手だ。

ルーラー

平坦コースを一定のスピードで走り続けることが得意な選手。 数名でローテーションすれば40km/h以上で数時間に渡り走り続けることができる。 クライマーやスプリンターのような決定力はないが、、集団のペースをコントロールしたり、スポンサーのPRするなど、レース全体の流れをコントロールする役割を果たす。

タイムトライアルスペシャリスト

一人ひとり走り、走行所要時間の少なさで競う「タイムトライアル」に特に強い選手のことを呼ぶ。 単独走行が得意なため、タイムトライアル以外の平坦コースでも強烈な逃げを演じたり、少人数でエースをゴール近くまで引っ張っていく展開になった時の牽引役などでも、力を発揮する。

オールラウンダー

山岳コース、平坦コース、タイムトライアルのいずれにおいても平均以上の実力を持つ選手。 すごい選手では、クライマーと同等以上の登坂能力とイムトライアルスペシャリストに匹敵する独走力を持ち合わせている選手も。

グランツールでは、エースとして総合優勝を狙うほか、山岳ステージやタイムトライアルステージでのステージ優勝も狙う。

◆トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cyclingload.com/mt/mt-tb.cgi/163