HOME > 自転車レース > 最新ニュースRSS



パリ~ニース7日目 トンド!!!



パリ~ニースも7日目。
今日の中継は、ちょっと早めの22:45から。

今日のコースは220kmの最長ステージ。
今回は、8つのカテゴリー山岳を登ったりくだったり、そして後半には1級山岳を登って下り、最後少し登るような形。

下りの得意なWサンチェスが動くか?!

→第6ステージ 動画と感想はこちら 

▼チームリストはこちら(by JSPORTS)
http://www.jsports.co.jp/cycle/sw_2010/startlist_parisnice.pdf

▼第6ステージの試合の模様はこちら
◆シクロワイアード(テキストライブ)
http://www.cyclowired.jp/?q=node/27910

◆サイクルタイム
http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=13351


今日もtwitterは大盛況。
中継がはじまったとき、有力選手23名が逃げ集団を作っていた。


シャバネルやライプハイマー、クネゴなど、錚々たるメンバー。


現在総合1位のコンタドールは、一番タイム差のないバルベルデマークなんで、メイン集団に残っている模様だ。


最後の1級山岳の登り口手前あたりからケースデパーニュが引き始めた。
コンタドールとバルベルデの差は、20秒。
逃げ集団を吸収して、メイン集団でのスプリントに持ち込めれば、
1位で10秒のボーナスタイムが得られる。
そうなれば、総合優勝のチャンスが広がる。


残り38キロあたりで、サーヴェロテストチームのサビエル・トンドがアタック。
個人的にサーヴェロテストチームが好き。
黒ベースのサーベルのジャージデザインが好きというのもあるけど、チームプレイよりも個人力で勝つ感じが、少数精鋭な感じでかっこいい。
グランツールでも、忍者走法のサストレだけでなく、各ステージで登場するので、注目!!


トンドをランプレ・ファルネーゼヴィーニのダミアーノ・クネゴが追う。
twitterを観てるとおもうけど、クネゴの人気が高い。


番組の解説者がクネゴの話をするたびに、ツイートが増える。
主に「クネゴをいじめるなー」的なw


メイン集団は、サクソバンクのフランク・シュレクお兄チャンが出てきて、引き始めた。
イェンス・フォイクトを勝たせるため。
最初はフランク兄ちゃんがエースかと思ったけど、あんまり調子が出ないようで、途中でフォイクトに変ったのだろうか。


いろいろあって、残り6キロ過ぎて依然トンドが逃げる中、ヴォクレールがアタックし、結果シャバネルも含む7人の追走集団。


twitterは、ヴォクレールアタックに盛り上がる。
「あほな人が行ったーーー!」
というのも、ヴォクレールといえば、無茶なアタックした末によく負けるので有名w


ゴール前のtwitterは、いまにも追いつきそうな集団と逃げるトンドに、トンドコールでおお盛り上がり。もちろん私もトンドコール参加しましたよ。

最後は、たった15秒差でトンドが逃げ切りゴール。


2位はバルベルデ。
そして、途中パンクしていたはずのサガンが3位。
サガン強し。


これで、バルベルデは6秒のボーナスタイムを得て、コンタドールとの差は14秒。
明日、コンタドールを4秒以上離して1位ゴールすれば勝てる。
明日も盛り上がりそう(^▼^

2010年3月14日 11:13 | コメント(0) | トラックバック(1)

◆トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.cyclingload.com/mt/mt-tb.cgi/192

パリ~ニースも7日目。 今日の中継は、ちょっと早めの22:45から。 今日のコー... 続きを読む

◆コメントする