HOME > 自転車レース > 最新ニュースRSS



[パリ〜ニース2010(HIS)第6ステージ]180kmを逃げ続けたトンドがド根性走行でプロ入り10勝目を祝う



パリ〜ニースの第6ステージは今大会最長コース。加えて峠を8つ越える、最終ステージ前の厳しい試練だ。40km付近で逃げを決めた23人の中から、ただ一人最後まで生き残ったサビエル・トンド(スペイン、サーヴェロ・テストチーム)が、僅差で逃げ切り、記念すべきプロ入り10勝目をあげた。

2010年3月14日 14:26