HOME > 自転車レース > 最新ニュースRSS

2010年2月アーカイブ


ジロ・ディ・サルディーニャ第5ステージは、サルディーニャ島で最も有名な現役バイクレーサーのアルベルト・ロッドがペタッキとオスカル・ガットを下し、ステージ優勝を挙げた。


春のクラシックシーズンの幕開けを告げるセミクラシック初戦、オンループ・ヘットニュースブラッド(UCI1.HC)が、27日、ベルギーのフランデーレン地方で開催された。残り約20kmで先頭集団から単独アタックを仕掛けたフアンアントニオ・フレチァ(スペイン、チームスカイ)がそのまま逃げ切り、悲願のベルギー初勝利を獲得した。


アルガルベ一周の最終日タイムトライアルで、すでに勝てる好調さを見せつけたルイスレオン・サンチェスが、今週末のクラシカ・デ・アルメリアに出場する。


ジロ・ディ・サルディーニャ2010(UCI2.1)、カルボーニアからイグレジアスまでアップダウンの多い181.5kmを走る26日の第4ステージは、ダニーロ・ホンド(ドイツ、ランプレ・ファルネーゼヴィニ)が栄光をつかみ、ランプレ・ファルネーゼヴィニに今季6勝目をもたらした。


アジア最高のステージレースと評されるツール・ド・ランカウイが、3月1日から7日に渡って開催される。計13都市がスタート、またはゴール地点となる、総走行距離1013.9kmに及ぶ全7ステージのレースだ。


松川町は26日、町内で7月31日から2日間、自転車の「全日本実業団サイクルロードレースin南信州松川」(仮称)を、全日本実業団自転車競技連盟(東京)と地元の実行委員会の主催で開くと発表した。町は「住民と一緒に盛り上げたい」としている。 ...>


ベルギーのシーズン開幕戦、オンループ・ヘットニュースブラッドのディフェンディングチャンピオン、トル・フースホフトはサーヴェロ・テストチームの出場メンバーの中でエースを務め、フラーンデレン地方の石畳の道で再び成功をつかむことを願っている。


ツール・ド・ポローニュは、去る2月7日にラリーレース中の事故で悲劇的な死を遂げたイタリア代表ロードレースチーム監督のフランコ・バッレリーニ氏の自転車競技界に残した最大の情熱を称え、哀悼の意を示すことを決定した。


2010年全米プロ自転車クリテリウム選手権が、シカゴ北部の郊外にあるイリノイ州グレンコーで8月14日に行われることが決まった。これまで同選手権は、伝統的にイリノイ州ダウナーズグローブで行われており、開催地が変更されるのは24年間の歴史上初めてとなる。


ルタ・デル・ソルの異名を持つアンダルシア一周2010、雨降る山岳最終ステージはフランシスコ・ベントソがサイモン・ゲランスを抑えスプリントを制した。


ジロ・ディ・サルデーニャ2010、ヌーオロからオリスターノまでの今大会最長の第3ステージはアレッサンドロ・ペタッキがスプリント勝利を挙げた。


レディオシャックのヘルト・ステーグマンとトーマス・ヴァイクスは、ベルギーの自転車ロードレースシーズンの開幕を告げる今週末のレースに出場する。


昨年、アスタナとアルベルト・コンタドールの契約にまつわるドラマが長引く中、非常に興味深い話が様々な噂話や世間話から生まれた。それは、F1王者のフェルナンド・アロンソが自転車ロードレースチームを作り、コンタドールがそこに入るというものだ。


サドルメーカーとして有名なfi'zi:kから、クロスカントリー用MTBグリップが発売となった。


アンダルシア一周2010第4ステージ、マラガでの10.9kmのタイムトライアルは、トラックスペシャリストのアレックス・ラスムッセンがオリンピック個人追い抜き金メダリストのブラッドリー・ウィギンスを破って優勝した。


また、7月に開催される世界最高峰のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の全21ステージや、年末年始に花園ラグビー場で行われる全国高等学校ラグビーフットボール大会の全試合などをハイビジョン放送で生中継することを予定する。 2010年3月1日から、スカパー! ...


ジロ・ディ・サルデーニャ2010、24日の172kmの第2ステージは、23歳のロマン・クルージガーがゴール手前4kmでプロトンから抜け出した十数人の選手によるスプリントを制し勝利を手に入れた


イェンス・フォイクト(ドイツ、サクソバンク)は、スペインで開催されているアンダルシア一周の第3ステージを無傷で終えたが、少し神経質になっていたようだ。


ハインリッヒ・ハウッスラーはアルガルベ一周の第4ステージでリタイアを余儀なくされたが、サーヴェロ・テストチームの首脳陣はハウッスラーが順調に調子を上げ、シーズンの現段階で昨年よりも強くなっていると確信している。


ランス・アームストロングは再びアルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)と心理戦を始めたのだろうか?2人のツール総合王者の関係は冷え切っているので、そうであっても驚きではないだろう。


アフガニスタン出身の選手が、来月に行われるツアー・オブ・パキスタンに出場予定であることが公式に発表された。


イタリアのサルディーニャ島で開幕したジロ・ディ・サルデーニャ2010、ボノルヴァまでの145kmの第1ステージは、フランチェスコ・ガヴァツィがオスカル・ガットとジョヴァンニ・ヴィスコンティの2人をスプリントで下して優勝し、総合首位に立った。


ラグビー選手のテリー・ニュートン(イギリス)からヒト成長ホルモン(HGH)の陽性反応が検出された。これは、世界アンチドーピング機構(WADA)の実施した検査で発覚したもの。これまでWADAは、HGHについて検出可能とは発表していなかった。


ベナアビスまでの162.2kmの第3ステージは、オスカル・フレイレとラボバンクが再び好調さを見せつけた。ラボバンクはフレイレを完璧に送り出すと、フレイレはスプリントで力を解き放ち、ステージ2連勝を挙げた。


アージェードゥーゼル・ラモンディアルは2009年、不振のシーズンを過ごし、1年を通してわずか9勝しか獲得できず、プロツアーレースやグランツールでは1勝も挙げられなかった。


国際自転車競技連合(UCI)によると、マイケル・ボール率いるロックレーシングは未だ2010年のUCIプロコンチネンタルライセンスを取得できていない。


「太陽のレース」の名でも知られているアンダルシア一周だが、ここ2日連続で雨と強風に見舞われている。第2ステージは、オスカル・フレイレ(スペイン、ラボバンク)がロバート・ワグナー(ドイツ、スキルシマノ)との競り合いを制して勝利した。


ロシアのチーム、カチューシャは経験豊富なプロ選手が数多く在籍しているが、さらに強力なチームへ成長させるため、優秀な若手選手4名を獲得した。


... へ駆けつけた関係者や自転車愛好家より熱い声援が送られていた。 午前中には、小中学生タイムトライアルやマスターズクリテリウム、今中大介氏と小林輝記氏によるセーフティーライド講習会も行われ、幅広い年齢層にサイクルロードレースの楽しみを体験する機会となった


ルタ・デル・ソルの名前でも知られている5日間のステージレース、アンダルシア一周2010がスペインで21日に開幕し、第1ステージは、無名のクライマー、セルヒオ・パルディーヤが有名選手たちを出し抜いて優勝した。


2日間のステージレース、ツール・ドゥ・オヴァール(UCI2.1)が2月20、21日とフランスで開催され、第2ステージを制したクリストフ・ルメヴェル(フランス、フランセーズデジュー)が総合優勝を手にした。


今年で24回を迎える高崎映画祭。3月27日から4月11日までの16日間で63本の映画が上映されるが、その中で「知られざるサイクルロードレースの魅力」と題した自転車レースに関連する映画を特集上映することが決定した。


20日午後に開催された第47回トロフェオ・ライグエーリア(UCI1.1)は、フランチェスコ・ジナンニ(イタリア、アンドローニ・ジョカトーリ)が183kmのレースを制し、2年連続優勝を飾った。


最終日21日の第5ステージ、個人タイムトライアルはルイスレオン・サンチェスがトップタイムをマークし、優勝。アルベルト・コンタドールは代用TTバイクでの出走を強いられたものの、13秒遅れのステージ2位に入り、2年連続総合優勝を飾った。


2010年2月21日に都内の明治神宮外苑にて「第四回 明治神宮外苑学生自転車クリテリウム大会」が開催された。その中で行われた女子クリテリウムは、完璧なレースを見せた近藤美子(鹿屋体育大学)が優勝した。


アルガルベ一周2010(UCI2.1)、20日の第4ステージ、残り28kmで逃げ集団から飛び出したセバスティアン・ロセレル(ベルギー、レディオシャック)が単独逃げ切りでステージ優勝を挙げ、ランス・アームストロング率いる新生スター軍団のレディオシャックに初勝利をもたらした。


散々な状況だった2009年と違い、自転車メーカーにとって2010年は幸先良いスタートとなった模様だ。これは昨年1月に比べ、いくつかのメーカーで収入が大きく増加していることが示している。


新設のバハティ・ファウンデーション・プロサイクリングチームは、5人のアマチュア選手を獲得したことを発表した。


近年の自転車ブームを受け、サイクルロードレースの魅力を味わえる5作品の特集も行う。 また、県内作品では高崎市在住の芥川賞作家、絲山(いとやま)秋子さん原作の小説を映画化した純愛ストーリー「ばかもの」のほか、出演者の募集から撮影まですべて前橋市内で行われ


ツアー・オブ・オマーン2010(UCI2.1)第6ステージ、エドヴァルド・ボアッソン(ノルウェー、チームスカイ)はリーダージャージと総合優勝のチャンスを失った後、最終日19日のステージで反撃し、勝利を挙げた。


2010年アジアプロツアーは、3月1日から7日にかけて実施されるツアー・オブ・ランカウイで開幕されるが、この大会に韓国のクムサン・ジンセン・アジアコンチネンタルチームがプロツアー初参加をする。


アルガルベ一周2010(UCI2.1)、19日の第3ステージでツール・ド・フランス王者のアルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)が早くも本領発揮。最後の登り区間でアタックを決めて、頂上ゴールを制覇。今季初勝利を挙げ、総合首位にも躍り出た。


ジョー・パップが、パフォーマンス向上薬の配布を計画していたとして2つの件で有罪判決を受けた。AP通信によると、彼はHGHとEPOを増強する薬物をインターネットで販売した行為により、それぞれ最長で5年の収監刑を科せられる危機に直面している。


今年のエネコツアーがオランダのオーファーアイセル州ステーンウェイクでスタートすることが、18日、レース主催者から発表された。昨大会と同じく、ステーンウェイクの町で行なわれるオランダ国内のプロローグで開幕する。


昨年10月24日に大阪で行われた舞洲ジュニアサイクルロードレースでは、8歳の部 で初優勝、翌25日には三重で開催の全国ジュニア大会に出場し、小学1・2年生の部を 制した。 15歳以下の選手育成を目的に行われているロード・トゥ・キングジュニアシリーズに も ...


スイススポーツ界の統括団体であるスイス五輪協会の規律委員会は、元ドイツ人自転車選手ヤン・ウルリッヒに対するドーピング違反についての訴訟を終了させた。


エドヴァルド・ボアッソン(ノルウェー、チームスカイ)は、数ヶ月前、インタビューの中で「僕は新エディ・メルクスではないよ。新エドヴァルド・ボアッソンだ」と語っていた。


ツアー・オブ・オマーン第5ステージは、トム・ボーネンが、フアンホセ・アエド、ミカエル・ファンステイェンを抑えて集団スプリントを制した。


また18日は、飯田市で昨年まで5年間続けた「全日本実業団サイクルロードレース」の実行委も開催。市側が「飯田のPRに一定の成果があり、今後は市民生活への自転車の定着を目指したい」として終了を報告した。今年の大会は夏に松川町で開く


ツアー・オブ・オマーン第4ステージ、総合首位のエドヴァルド・ボアッソンがトイレ休憩のため止まったまさにその瞬間、非常に強い横風と、サーヴェロ・テストチームの選手が先頭で行なった激しいアタックにより集団は細かく分裂した。


アルガルベ一周2010、18日の第2ステージはゴールラインまでの短い上り坂で集団から飛び出したアンドレ・グライペル(チームHTCコロンビア)がステージ優勝を飾った。


アレクサンドル・ヴィノクロフ(カザフスタン、アスタナ)は、もしツール・ド・フランス主催者が謝罪を求めないのであれば、自らは謝罪しない意向を示した。


ツアー・オブ・オマーン第4ステージは再び風が強いレースとなったが、最後はオーストラリアの若手リー・ハワード(チームHTCコロンビア)が集団スプリントを制し、プロ初勝利を挙げた。


アルガルベ一周2010が17日、ポルトガルで開幕した。第1ステージは、ゴール直前にアルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)がアタックを仕掛けるが、その混乱の隙をついて飛び出したブノワ・ヴォグルナール(フランス、フランセーズデジュー)がステージ優勝を奪い取った。


また、投資的経費は同8・1%減の235億7036万円となった。 主な事業は、小中一貫教育の推進6814万円▽ジャパンカップサイクルロードレースの充実8900万円▽体育施設の再整備8040万円▽企業誘致の推進10億4870万円−など。


グランツール全制覇を達成しているアルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)が、レースへの準備を整えている。


昨シーズンの記憶に残る光景のひとつは、パリ・ルーベの終盤の石畳区間で捨て身のフィリッポ・ポッツァートが最終的な勝者トム・ボーネンを追いかけるシーンだった。


毎年秋に市西部を会場に開くアジア最高峰の自転車ロードレース「ジャパンカップサイクルロードレース」に合わせて、市民が間近で観戦できるレースとする考え。「自転車の街」を国内外に発信すると同時に、中心市街地の活性化も狙う。 新レースの詳細は今後詰めるが、JR ...


第36回アルガルベ一周が、17日にポルトガルで開幕する。これまでよりもスタートリストに並ぶ選手の顔触れは豪華で、その中にはツール・ド・フランス総合王者アルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)の名前もある。


16日のツアー・オブ・オマーン第3ステージ、サイファト・アシュ・シークからクラヤットまでの124kmは、総合首位のエドヴァルド・ボアッソン(ノルウェー、チームスカイ)がついにステージ優勝を飾った。


ミカエル・ラスムッセン(デンマーク)が、UCIが管理しているバイオロジカルパスポート・プログラムに加入した。ラスムッセンは、この行動がトップカテゴリーのチーム復帰を果たす助けになることを期待している。


A.S.O.が主催し、2010年1月14日から19日にかけて開催されるツアー・オブ・オマーン。記念すべき第1回目の今大会をグラフィックスで。


ベルギーのクラシックシーズンが、2010年2月27日、第65回オンループ・ヘット・ニュースブラットで開幕を迎える。今年は全25チームが招待され、うちプロツアーチームは13チーム出場する。


ツール・ド・フランス期待の選手、ブラッドリー・ウィギンス(イギリス、チームスカイ)はツアー・オブ・カタールでの自分の走りにとても満足していると語った。


ツアー・オブ・オマーン第2ステージは、ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス・ドイモ)がタイラー・フェラー(アメリカ、ガーミン・トランジションズ)、エドヴァルド・ボアッソン(ノルウェー、チームスカイ)ら強力スプリンターを抑えて優勝した。


009・2010年シクロクロスのスーパープレステージは、ゼネク・スティバー(テレネット・フィディア)がフォルセラールの最終ラウンドで、ニルス・アルベルト(BKCPパワープラス)との激しい戦いを制しシリーズ王者に輝いた。


エウスカルテル・エウスカディのジェネラルマネージャーであるイゴール・ゴンザレス・デ・ガルディアーノは、すでに2010年ツール・ド・フランスの大まかな戦略を立てている。それはサムエル・サンチェスがエースとしてチームを率いるというものだ。


エディ・ラッティ(イタリア、デローザ・スタックプラスチック)が、1月21日に行われた競技外でのドーピング検査によってEPOの陽性反応が検出された。


第1回ツアー・オブ・オマーンが、14日夕、マスカト・コルニッシュでの61kmのクリテリウムで開幕した。この記念すべき第1回目のステージ優勝し、歴史に名を残したのはジミー・カスペール(フランス、ソウル・ソジャサン)。


アメリカ出身フロイド・ランディスに対し、フランスのアンチドーピング機構(AFLD)へのハッキング行為で国際逮捕状が発行された。


UCIコンチネンタルチーム「Team CKT tmit - Champion System」の新体制が発表された。今期は台湾のバイクメーカーCKTがメインスポンサーになり、ヨーロッパはもちろんアジアのレースも積極的に参戦する予定だ。


アムゲン・ツアー・オブ・カリフォルニアは、2010年大会のルートの詳細を発表した。日程が5月に変更になったことで、ツアー・オブ・カリフォルニアはこれまでで最も厳しいルートとなり、選手、観客双方にとって天候に恵まれることが期待されている。


オフシーズンは次のシーズンへ向け、新しい自転車やパーツを試してみる絶好の機会。今までとは異なるパーツを試してみようと思う方も多いのではないだろうか。そんな方や初心者の方へ向け、各パーツを解説していく。第6回目は「シート周辺パーツ」を紹介する。


「地中海一周」を意味するステージレース、ツール・メディテラネアンが、2月10・14日の5日間、フランス南部の地中海沿岸で開催された。


イタリアのウェブサイトTuttobiciweb.comは、リカルド・リッコが恋人のヴァニア・ロッシと、先日のEPO派生型CERA陽性判定の結果、破局したと報じている。


ツール・ド・フランスの主催者であるアモリー・スポーツ・オーガニゼーション(ASO)は、2010年大会の出場枠について全22チーム、各チームにつき9選手と発表した。


かつてバルロワールドに在籍していたモイセス・デナス(スペイン)から、2008年ツール・ド・フランスでEPOの陽性反応が検出され、その結果、ドーピング違反で2年間の出場停止処分を科せられた。


新城幸也(日本、Bboxブイグテレコム)は、先日、タイ北部での冬季トレーニングスケジュールを終了し、またチェンライ近郊で開催された全長72kmのクリテリウムで優勝した。このレースはタイ・ナショナルシリーズ・レースカレンダーの1戦だった。


リカルド・リッコ(イタリア、チェラミカ・フラミニア)は3月にドーピング違反による20ヶ月の出場停止処分が終了しレース復帰を果たす。


フットオン・セルヴェット(2009年はフジ・セルヴェット)のチーム首脳陣は、大きくメンバーチェンジをはかり、経験よりも若さを重視したチーム編成にした。


アンドレ・グライペルは、チャレンジ・マヨルカ最終ステージでスプリント勝利を挙げ、ツアー・ダウンアンダーで総合優勝を勝ち取った好調さを失っていないことを証明した。


日差しが降り注ぐスペインのマヨルカ島で開催される5つのワンデーレースからなるシリーズ戦、チャレンジ・マヨルカ。今年は2月7日・11日に開催される。春のクラシックを目前にする選手たちの白熱バトルをグラフィックスで!


ツアー・ダウンアンダーで勢揃いした各チームのニューバイク。vol.3ではレディオシャック、ラボバンク、サクソバンク、チームスカイのバイクを紹介します。


ツアー・オブ・カタール2010は、12日、最終日の第6ステージを迎え、混戦のスプリントを制したフランチェスコ・キッキ(イタリア、リクイガス)が今大会ステージ2勝目を飾った。そして、第2ステージの大逃げ成功で得たリードを守りきったヴァウター・モル(オランダ、ヴァカンソレイユ)が、大金星となる総合優勝を決めた。


新規事業では、ジャパンカップサイクルロードレースの充実を目的とする中心市街地でのレースの追加実施、オリオン通り商店街のアーケード改修工事の支援などが盛り込まれた。目玉事業には、小中一貫教育の推進として、モデル地域学校などにおけるカリキュラムの実施に ...